アイヌ民族とは

アイヌ民族とは北海道・樺太・千島列島の地域の先住民族です。
狩猟や採集を行う民族で、毛皮や羽毛から様々な衣装を作ったり、アイヌジェエリーと呼ばれるジュエリーなど装飾品を作り
それらをロシアや日本人と交易を行うことで生活していました。
アイヌとはアイヌ語で「人間」を意味する言葉で、自然を指す言葉「カムイ」に対する概念としての「人間」ということだとされていました。

アイヌの女性たちは、入れ墨をしていました。この慣習は、1799年に日本政府から禁じられていたかのですが、1998年にアイヌの最後の入れ墨女性が死亡するまで存在しました。伝統的な入れ墨の為に政府の命令を無視していたのです。

女性の唇の周りに彫られた入れ墨は髭のような印象の入れ墨ですが、そもそもは未婚の女性が夫を引き付けるのを助け、美徳の徴候とみなされました。唇は樺の樹皮と澄んだ水の沸騰した溶液で洗われ、小さなナイフカットに調理灰を注入することによって作られました。 最初のカットは、2〜3歳の時に女の子の上唇の小さな半円形に作られ、彼女が結婚するまで毎年いくつかの切開が加えられました。

樹皮のクロスで飽和した布で血を拭き取り、調理釜の底からバーチ材のすすを傷口に摺りこんでいました。 これは刺青に青い色を与え、神聖な火から来て、口と鼻に入る悪(悪しき者)からの保護をすると信じられていた為です。

_
タトゥーギャラリー料金予約の流れ