サクヤンタトゥー

更新日:

サクヤンタトゥー 
タイ人にとってタトゥーは神聖で信仰の象徴である。  タイ人の心には深く根付いています。 

あまり知られていないサクヤンタトゥーを入れる前の心持ちの部分として下記の教えがあります。
これらは仏陀からの守護を受けるためと言われています。
1. 仁義を厳しく守る。
2. 泥棒や極道者にならないこと、他人に罪作りな行動をしない。 

また、タトウーを入れてからの行動、習慣、心持までも大事にする必要があります。

3. タトウーを入れてから、3日間菜食しないといけない。
4. 結婚相手とか恋人を悲しませてはいけない。浮気してはいけない。
5. 他人を傷つけない。両親を傷付けることや他人に悪口を言うこと等。 

この様にサクヤンタトゥーはただタトゥーを入れるという行為だけでなく  
心身を浄化し自らを律する為に入れるという側面があります。 
仏教の信仰に根付いていますが、自立、自律という意味も込められているのです。


ヤンチンチョオッ(ヤモリ)
天国のヤモリだとよく知られている。 
意味・効用:自らに魅力を宿し、慈愛が貰え、財力を呼ぶ。
デザインを入れるところは限らない。 

 
ヤンポークシャップ 
仏の恵みがあり、誰にも負けないという競争に打ち勝つ象徴。
意味・効用:お金が流れて来る。企業の場合はよく売れる。企業者、ビジネスマンに人気なサクヤン。 

 
五行列のタトゥー
ヌーガンパイ先生という方が考案した特別なタトゥー。
このデザインには仏陀の出生、悟り、絶滅の意味がある。 
 意味・効用:
一行目:風水的に良い
二行目:運が良くなる
三行目:黒魔術を防ぐ
四行目:幸運、成功
五行目:慈愛、魅力を宿す

左の肩にこのデザインを入れる。

_
タトゥーギャラリー料金予約の流れ






Copyright© トライバルタトゥー東京スタジオ「ソルデザイン」 , 2018 All Rights Reserved.