タヒチ族 トライバルタトゥー

伝統的な部族の入れ墨 独自のスタイル

タヒチ族のタトゥーは現代のタトゥーにも通じています。現代のタトゥーデザイン、スタイルに非常に色濃く影響を及ぼしているのでタヒチ族の起源となるタトゥーを現代の人が見ると驚嘆の声を上げる人も多くいます。またデザインの面でも多様性があったと言われています。現代のトライバルタトゥーはある種決まりきったベースの基に派生しデザインが生まれておりますが当時のタヒチ族のタトゥーは根底から多様なスタイル、デザインを有していました。その背景には部族毎に文化毎に固有の情報をはっきりと発信する必要があった為というのと、身体的特徴としてタトゥーで情報を発信する役割が強くあったからと言われています。

タヒチ族のトライバルタトゥーのデザインやスタイルには、短い線の要素、サークル、線やシェブロンを使ったパターン、そして場合によっては「ブラックワーク」と呼ばれる現代のタトゥースタイルに類似した黒い帯の大きな部分が含まれています。
部族という組織においてはデザインによって地位を象徴する意味合いがあったと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

全体として、現代におけるトライバルタトゥーは素直で審美的です。
根底にある象徴主義を失ってしまった代わりに現代の文化、イメージ、デザインを取り入れている為です。ですが文化的に歴史的に部族のタトゥーという観点からだと逸脱しているという主張をする人々もいました。ですがそういった主張を唱える人も必ずしも真実ではないとしながらも現代のトライバルタトゥーにも信念や芸術性があるとして今日までの繁栄をトライバルタトゥーはしてきました。
トライバルタトゥーは部族の信念を守りながら現代にも生き続けているです。