ブラックワークタトゥー/トライバルタトゥーギャラリー「Sol design」東京

当ページではブラックワークタトゥー/トライバルタトゥー作品を複数点紹介しております。施術デザイン等の参考になれば幸いです。また、トライバルタトゥーにも各地域のスタイルにより様々な特徴がありますので、併せて参考にしてみてください。

 

©︎Ryubun tattooer

 

 

トライバルタトゥーの歴史は古く、世界各地に同様の文化が存在していました。地域によっては2000年も前からの事例があったようで、また、皮膚上にヘナ同様の着色料によるペイントは8000年もの歴史があるようです。各地域により異なりますが、トライバルタトゥーのモチーフとなっているものは、彼等の生活環境に密接していた自然界からのインスパイアである事が多いようで、植物、動物、生活の道具等。しかし、それぞれのトライバルタトゥーの持つ意味合いには共通点が見受けられます。血統、階級、歴史、成人としての証、既婚の証、誇りにもつながり、通過儀礼としての風習もあったようです。また、先祖や神とのつながり、神聖な力を呼び覚ます目的と、宗教的、呪術的な意味合いも持ちます。現代においても、先進社会と隔離された部族社会にはトライバルタトゥーの名残とも考えられるような身体装飾の文化が存在しています。主にトライバルタトゥーと認識されているデザインとしては、マオリ、サモア、マルケサス、ハイダ、ボルネオと、それぞれのトライバルタトゥーの印象は異なります。それは各地域による環境の違いや、神聖な物として捉えられていた対象の違いがトライバルタトゥーのデザインに大きく影響している為と考えられます。森林地域の植物をベースとした曲線的なデザイン、海の動植物をモチーフとした直線的なデザイン、高原や平地で崇められていた動植物をモチーフとしたデザイン等、それぞれのトライバルタトゥーの持つ印象は異なりますが、その風習の根元は一つであり、それぞれの文化、環境に適応し、自然に進化したトライバルのデザインが出現したと予測できます。

 

 

カバーアップタトゥー/©︎Ryubun tattooer

すでに施術してあるタトゥーの上から別のデザインで施術し、新しいタトゥーに修正する事をカバーアップといいます。トライバルタトゥー・ブラックワークタトゥーはカバーアップに適したスタイルです。

 

ジャパニーズスタイル(和物)/©︎Ryubun tattooer

当店ではトライバルタトゥーを軸にオールジャンル対応可能です。

 

 

タトゥーの予約・問合せ/©︎ Ryubun tattooer