主な施術作品は下記各項よりギャラリーへお進みください。現代的でアート性の強いブラックワークタトゥーをメインに、民族的なものから現代風にアレンジしたトライバルタトゥー、伝統を意識したジャパニーズスタイル(刺青)、リアルスティック、トラディッショナルタトゥー等、オールジャンル対応可能です。当店ではデザイン性やニュアンスを重要視しているため、施術箇所や作品の仕上げ方に合わせた施術方法・使用器具等を選択、常に新しい表現方法を模索・提供しております。

<ブラックワークタトゥー>ブラックインクを使用しトライバルタトゥーやブラックアンドグレータトゥー同様のテクニックを用いて様々に表現されるタトゥー。近年では器具の進化、デザイン・技術の向上に伴い新しい様々な表現方法が可能になりました。幾何学模様を用いた神秘的なタトゥーが流行していますが、現在ではスプラッシュタトゥーやウォーターカラータトゥーなども主流になりつつあります。

<ワンポイントタトゥー>一般に"タトゥー"というワードで想像しやすいスタイル。施術時間も短く手軽な為、女性やファーストタトゥーの方に人気です。最近では以前よりシンプルでクールな作品を求める方が増えたように感じます。世界的には、ウォーターカラーという水彩画ベースのデザインが主流になりつつあります。

<ブラックアンドグレー>黒の濃淡のみで表現されるスタイルで根強い人気です。アウトラインを強く濃淡を淡くしたものや、アウトラインを使用せず立体的に表現したもの等、さまざま。リアルスティックやチカーノ等が主な印象。

<トライバルタトゥー>黒を基調としたラインのみで表現されるタトゥーの1ジャンル。塗りと抜きの平面的な表現を基本とし、90年代にボルネオのトライバルをベースとしたデザインが世界的に流行。トライバルタトゥーの起源はポリネシア一帯からのものであるらしく、タトゥーという語源もこの地方の”タタゥ(叩く)”が始まりといわれており類似するデザインは世界各地に存在します。おそらく人類の起源くらいに古いものと思われ、まだ人類が部族的な社会構成の時代、野外で棘が刺さったり怪我をした際にタトゥーと同様の着色が起こり、身体装飾や所属・個人の判別の為に普遍的に継承されたものと考えられます。

ジャパニーズタトゥー(和彫り)

<ジャパニーズスタイル(和彫り)>日本のトラディッショナルなスタイル。和彫り、刺青。戦国時代、武将達の着物に施していた刺繍を自身の背中に施したのが始まりとの説があります。元来、地位のある人間が施すべきもので、その作品には誇りと格式が共存しているべきと、当方では考えております。通常は背中がメインの図柄となり、その延長で腕、胸、足へと伸ばしていきます。当時、”彫り物”とは芸術的にファッションとして施されたものであり、”入れ墨”とは罪人の証の為に施されたものを指し、全くの別物として扱われたようです。

カバーアップタトゥー

<カバーアップ・ブラックアウトタトゥー>すでに入っているタトゥーのリメイク例です。

詳細別投稿ギャラリー

新しい作品や情報を更新しています。

料金ページへ

スタジオアーティスト予約について料金質問衛生管理施術方法

ホームギャラリー店舗情報問合せ

更新日:

Copyright© トライバルタトゥー東京スタジオ「ソルデザイン」 , 2018 All Rights Reserved.