東京・南青山「RYUBUN TATTOOER TOKYO」へようこそ。当方は1995年より東京を拠点にアーティストとして活動するRYUBUN TATTOOER (彫九鬼)氏によるプライベートタトゥースタジオ。タトゥーをスキンアートとして捉えブラックワークをメインにオールジャンル対応可能!

当タトゥースタジオでは、現代的でアート性の強いブラックワークタトゥー、洗練されたトライバルタトゥー、伝統を意識したジャパニーズスタイル(和彫り)アメリカントラディッショナルタトゥーカラーワーク等、長年のキャリアによる技術力により様々なタトゥーに対応可能。適した施術方法によりタトゥーを提供する為、ステンシルの他にフリーハンドによる施術も可能。また、各個人の社会的背景を考慮し、デザイン・配置・表現方法を提案。常に新しい表現方法を模索・提供しております。興味のある方はお問合せください。

当タトゥースタジオには、他店で施術したタトゥーの修正依頼の相談も非常に多いです。既に施術してあるタトゥーの上から新しいデザインで覆い、別のタトゥーに変更・修正する事をカバーアップと言い、大胆な黒で潰してしまうものをブラックアウトと呼びます。欧米では以前から存在しているブラックアウトタトゥーですが、日本では有名アーティストの影響で最近認知され始めたタトゥースタイル。当方ではブラックワークタトゥーを得意としているためブラックアウトカバーアップ共に施術実績は多数!興味のある方はお問合せください。(施術範囲や金額的制限、物理的に不可な場合はお断りする場合があります)

当タトゥースタジオでは常に新しい表現方法を模索・提案はもちろん、技術向上・衛生管理も徹底しております。また、相談頂ければ顧客個人の社会的立場、生活背景に合わせて施術箇所やデザイン等の提案も可能。初めての方やタトゥーに不安のある方は一度カウンセリングに来店されることをお勧めいたします。

RYUBUN TATTOOER(彫九鬼)氏によるタトゥーはカスタムワークを基本としておりますので当店のみのタトゥー・デザインを多数提供。ブラックワーク和彫りトライバルタトゥー等、個性的なタトゥーをお求めの方は是非お問合せください。

タトゥーの歴史は古く、世界各地に同様の文化が存在していたようです。エジプトのミイラやニュージーランドのマオリ、日本のアイヌ等。タトゥーのモチーフとなっているものは、各々の生活環境に密接した環境からのインスピレーションが基本のようで、それぞれのタトゥーには、血統、階級、歴史、成人としての証、既婚の証、誇り、通過儀礼としての意味合いがありました。また、宗教的、呪術的な意味合いも持ちます。現代においても、先進社会と隔離された部族社会にはトライバルタトゥーの名残とも考えられるような身体装飾の文化が現存しており、マオリ、サモアマルケサス、ハイダ、ボルネオ等が現代のタトゥーシーンでスタンダードとなっています。

タトゥーとは、部族社会の宗教的なタトゥーから戦時中のお守りや縁担ぎとしてのタトゥー、そして90年代に世界的にタトゥーが流行し、各アーティストによりアレンジがなされ、現代のファッションとしてのタトゥーへと通じ、生き続ける文化なのです。

下記バナーより予約から施術までの流れを紹介しております。ご予約はウェブからも可能です。ぜひご利用ください。






更新日:

Copyright© 東京・南青山プライベートタトゥー|RYUBUN TATTOOER TOKYO , 2021 All Rights Reserved.